2008年10月14日

WARRIORS-162「読書の秋」


最近、常連さんにお借りした「現代の傭兵たち」という本を読んでいます。内容は2001年のテロとの戦いから始まる、民間軍事企業(PMC)のドキュメンタリーです。ブラックウォーター誕生、アフガニスタンでのCIAなど内容充実です。ドキュメンタリーなのにまるで小説のような出来事に驚かされます・・・事実は小説よりも奇ですね。面白い本はどんどん先が読みたくなるれど、読み終えてしまうのも寂しくなります。

2006年出版 ロバート・ヤング・ペルトン著 角 敦子:訳 原書房 定価2,200円+税  


Posted by Mark. at 23:55Other